「海外赴任」今の携帯電話を休止状態にしておく

海外赴任中は、携帯電話はどうしようか迷っています。
現在使っている携帯電話は日本の携帯電話ですので海外では使用出来ません。

ですので、解約をして、また新たに海外赴任先で携帯電話の契約をすればいいのでしょうが
そうなると、日本にいる親戚や友人などに連絡をしにくくなるのと、一時的に帰国する時に困ってしまいます。

かといって、今の携帯電話を解約せずに、海外赴任先でもう一台契約するとなると、料金が2台分かかってしまいます。
つまり、海外赴任中は今の携帯電話は通話料はかかりませんが、基本料金だけ払って行くことになってしまいます。
ひと月2000円くらいかもしれませんが、積み重なると大きいです。

ということで、今利用している携帯電話の会社に問い合わせてみたところ
休止手続きが出来るらしいので、海外赴任中は休止にしておくことにしました。


一時的に帰国する時に、携帯電話を使用したい際には、ひと月数千で休止を解除出来るとのことで、とても便利なサービスです。

中には帰国時だけプリペイド携帯を使う人も居るらしいですが
それですと携帯番号が変わってしまうので、私達の場合はとても不便です。

数ヶ月ほどの短期の海外滞在であれば、インターネットの映像通話を利用するのもいいかもしれないですね。

「海外赴任」海外のホームパーティー文化

海外ではホームパーティーで交流をする文化があり
海外赴任先のニューヨークでもそれは盛んなのだそうです。

我が家ではあまりホームパーティーはしたことがないので
海外赴任先での交流に馴染めるかが心配です。

また、日本では誰かを家に呼んだ時の食事の用意などは妻がすることが多いですが
海外のホームパーティーの場合には主人が飲み物や食べ物を運んで
妻は招待客をお迎えする役なのだそうです。

国が違うと文化も違いますので、その辺りもよく知っておかなければ恥をかくことになってしまいますね。

そして、食文化も勿論違いますから、最初は慣れるまで大変だろうと思います。
食材が違えば、調理法も変わって来ますから、今から色々調べて
妻として普段の家事もしっかりこなせるよう、備えたいと思っています。

そう言えば、ご近所で過去に海外赴任のため、海外駐在をされていたご家族がおられて、
1度だけホームパーティーに呼んで頂いたことがあります。
その時も奥様は招待客のお迎えをされていて、ご主人が食べ物や飲み物の用意をされていました。
何も知らなかった私は、少々不自然に感じた記憶がありますが
それもホームパーティー文化からのものだったのですね。

「海外赴任」現地校か、日本人学校かで迷っています

海外赴任先では、娘を現地校に通わせるか、日本人学校に通わせるか、どちらがいいのか夫婦で今相談しています。

海外赴任に関しては、自分たちのことよりも娘のことがやはり一番心配で、
環境の違いに疲れてしまわないよう最善を尽くしたいと考えています。

また、海外赴任中だけではなく帰国してからのことも考えて、
長い目で見た時に娘にとっては、どういう教育の受け方が相応しいのか、親としては一番、頭を悩ませるところであります。

主人は日本人学校がいいのではないかと言っています。
その理由は、現地校に通っていたけれども、結局、日本人学校に編入するケースを耳にするからということで
確かに私も現地校は、宿題もかなり多く、英語もかなり話せないと孤立してしまって、大変だという話を以前、聞いたことがあります。

将来的に見れば、現地校にて現地の教育を受けて英語も身につけた方がいいのかもしれませんが
もしかしたら、数年間の駐在になるかもしれないのに、そこまで大きく環境が変わってしまうのは可哀想に思います。

あと、英語は身に付きますが、今度帰国した時に、日本語を忘れてしまっていると言うケースも多いそうです。

あまり、娘には無理をさせたくないので、日本人学校に通わせるのがいいのかもしれません。
一度、娘の意見も聞いてみようと思います。